コラム
最終更新日:2023.06.12

遺留分の請求期限は?遺留分の時効と止める方法を解説します

時効 時間管理

遺留分の請求にも期限があります。遺留分の時効は1年とされています。

遺留分の侵害を知ってから何もすることなく放置してしまうと、遺留分の請求ができなくなります。

本記事では、遺留分侵害請求の時効の問題を解説します。

本記事を読んで分かること

遺留分とは何か?

遺留分の時効とは何か

遺留分の時効を止める方法
1人で悩まずに弁護士に相談ください

初回30分無料で電話相談お受けします
【電話相談受付中】

【年中無休、来所不要、電話・LINE・ウェブ相談可】

1.遺留分とは何か?

遺留分とは、遺言等によっても奪うことのできない相続人の権利をいいます。

遺留分の割合は、法定相続分の半分です。

相続人が親などの直系尊属であれば、半分ではなく3分の1になります。

2.遺留分の消滅時効

遺留分減殺請求権は、遺留分の権利者が①相続の開始があったことに加えて、②減殺すべき贈与又は遺贈のあったことを知った時から1年で、時効で消滅します(民法1048条)。

2-1.② 減殺すべき贈与又は遺贈のあったことを知った時

減殺すべき贈与又は遺贈のあったことを知ったというためには、単に、特定の相続人に対する生前贈与や遺言があることを知っただけでは足りません。

その生前贈与や遺言によって、遺留分権利者の遺留分を侵害していることまで認識したことが必要となります。

2-2.遺言の効力が争われている場合

全ての財産あるいは大部分の財産を相続させる遺言があった場合、遺留分を侵害している可能性は高いです。

そのため、そのような遺言の存在を、遺言の検認手続等を通じて、認識したのであれば、遺留分侵害の事実を認識したといえます。

しかし、この遺言の効力に疑義がある場合、例えば、遺言の筆跡が本人のものとは違う、遺言書の作成時の本人の意思能力に問題があったような場合、遺言の効力が否定される可能性があります。

仮に、遺言が無効となれば、遺言の効力は生じないため、遺留分を侵害する遺贈もないことになります。

そのため、遺留分権利者が、遺言が無効であると信じることがもっともであるといえる場合には、遺留分侵害の認識はないものとされる可能性があります。

ただ、遺言無効を主張する場合でも、予備的に遺留分侵害額請求をしておくことが穏当です。

TIPS!最高裁判所判決昭和57年11月12日
遺言無効の主張について、一応、事実上及び法律上の根拠があつて、遺留分権利者が遺言無効を信じているため遺留分減殺請求権を行使しなかつたことがもっともと首肯しうる特段の事情が認められない限り、遺留分の時効は進行すると判示しました。

メールによる問い合わせ 24時間対応

電話での相談 初回30分無料

3.請求後の時効

上記の時効期間の経過前に遺留分侵害請求を行うことで、時効の完成を阻止することができます。

遺留分侵害請求を行うことで、遺留分権利者は遺留分の義務者に対して、遺留分に相当する金銭を支払うよう求める権利を取得します。

この金銭を求める権利(金銭債権)にも期間制限が有ります。

この金銭債権は、遺留分の時効期間に服さず、5年または10年で消滅します。5年の時効の起算点は、「権利行使できることを知った時から」、10年の時効の起算点は、「権利行使できる時から」です。

そのため、遺留分侵害請求をした後に、何も着手せずに5年間放置すると、金銭債権の消滅時効が完成してしまうリスクがあります。

よって、遺留分侵害請求をした後は、速やかに遺留分侵害請求によった生じた金銭債権を行使するようにしましょう。

3-1.時効の更新と時効の完成猶予

時効の完成前に、時効の更新があれば時効期間はリセットされます。

たとえば、時効の完成前に遺留分義務者が遺留分を支払うと約束したり、その支払の猶予を求めた場合には、時効の更新となります。これを「承認」といいます。遺留分の一部の支払いがある場合にも承認となります。

また、遺留分権利者が義務者に対して、遺留分の支払を催告した場合には、6か月間時効の完成が猶予されます。訴訟提起や調停申立てをした場合にも、時効の完成は猶予されます。

4.遺留分の除斥期間

遺留分の侵害の事実を知らなかった、あるいは、そもそも相続開始それ自体をずっと知らなかったとしても、相続の開始から10年が経過すると、遺留分請求することができなくなります。

これを遺留分の除斥期間(じょせききかん)といいます。

除斥期間には、時効のように更新(中断)による時効期間がリセットされることはありません。除斥期間の経過前に調停申立てや訴訟提起をする必要があります。相続人間の話し合いを進めるうちに除斥期間が経過しないように注意しましょう。

5.遺留分侵害請求の方法

相手方にその意思表示が到達することで遺留分侵害請求の効力が生じます。

つまり、相手方に意思表示が到達すれば、遺留分の1年の時効が完成することはありません。遺留分の請求後は、相続人との協議を行い、協議が不調となれば調停申立てや訴訟提起を行います。

しかし、遺留分請求の意思表示が相手方に到達したことは、遺留分権利者によって証明されなければなりません。

5-1.口頭の意思表示は厳禁

遺留分の効力は、口頭で伝えても生じます。

しかし、口頭による意思表示である場合、意思表示をしたことの客観的な証拠はないことがほとんです。そのため、事後的に意思表示が相手方に確実に伝わったことを証明することができません。

口頭で意思表示をしたことが証明できなければ、1年の時効により遺留分の管理が消滅してしまうリスクがあります。

5-2.配達証明付き内容証明で送付する

口頭によるリスクを踏まえれば、遺留分の意思表示は通知書を送付する方法で行うべきです。

その上、事後の紛争を予防するために、通知書の送付は内容証明郵便にて行うべきです。

内容証明郵便とは、いつ、どのような内容の文書を誰から誰あてに送付したのかを証明することのできる郵便方法です。

内容証明郵便を利用することで、遺留分権利者が相手方に対して遺留分の意思表示をした事実とその到達した時期が明確に分かります。

そのため、言った言わないの水掛け論となることを回避することができます。

さらに、遺留分の時効の問題では、遺留分請求の意思表示が「いつ」届いたかも重要となります。

郵便局の内容証明郵便の解説はこちら

5-3.特定記録郵便

相手方が内容証明を受領しない場合があります。

内容証明郵便を利用する場合も、相手方が内容証明郵便を受領しなければ、遺留分の意思表示の効力は生じません。

内容証明郵便を発送さえすれば、時効を防げるわけではないということです。

このような場合には、内容証明郵便と同じ内容の書面を特定記録郵便により送付します。

特定記録郵便とは、内容証明のように内容の証明はできませんが、郵便物の配送状況が記録される郵便方法です。

特定記録郵便は、手渡しではなくポスト投函で行われるため、相手方の不在等により持ち帰ることはないため、確実に到達させることができます。

ただ、内容証明のように内容の事後的な証明ができません。

そこで、特定記録郵便の書面には、『同じ内容の書面を内容証明郵便にて送付している。』と付記しておきます。

TIPS!
相手方が内容証明の受領を拒絶した場合には、意思表示を知ることが可能であったと考え、意思表示は到達したと判断されます。

遺留分の問題は弁護士に相談しよう

親身に対応します お一人で悩まずにお気軽に相談ください。 初回相談30分無料 相続問題ならお任せください。

遺留分の請求には短期間の期限があります。

この1年の期限を徒過してしまうと、遺留分の請求は難しくなります。

遺留分が時効により請求できなくなる事態を防ぐためにも、弁護士によって内容証明郵便により確実に意思表示するようにしましょう。

まずは弁護士に早めに相談することが重要です。

弁護士に依頼するメリット

遺留分の侵害の有無を確認できる

遺留分侵害請求の意思表示を適切に行える

遺留分全般について相談できる

自身に有利な条件を教えてもらえる

初回相談30分を無料で実施しています。

面談方法は、ご来所、zoom等、お電話による方法でお受けしています。

お気軽にご相談ください。

対応地域は、大阪難波(なんば)、大阪市、大阪府全域、奈良県、和歌山県、その他関西エリアとなっています。

難波みなみ法律事務所代表弁護士・中小企業診断士。幻冬舎「GOLDONLINE」連載第1回15回75回執筆担当。法的な問題には、法律の専門家である弁護士の助けが必要です。弁護士ドットコムココナラ弁護士ナビに掲載中。いつでもお気軽にご相談ください。初回相談無料(30分)。

よく読まれている記事

PAGE TOP